アルパカログ

まじめなことを書きます。

チームリーダーを経験して感じた不安など

開発チームのリーダーになって2年半が過ぎ、それだけやっていると一通りのことは経験した気になってきます。

普段あまりこういうことは書かないし言わないのですが、このあたりでいったん私がこれまで感じた不安についてまとめておくことで、将来チームリーダーになる方々の心の準備になれば良いと思っています。


リーダーになって初めの1年ほどはエンジニアの上長で、実質的にはお守り付きみたいなものだったため、これといった不安もなく、いろいろなことにまだ気がつかない時期でもありました。

ほどなくして組織変更があり、非エンジニアの上長になりました。下記に挙げる3つの不安は、この独り立ちしなくてはならない期間に感じたものであります。

1. 業務内容の変化による不安

最初に訪れたのは、業務内容の変化から来る不安でした。以前の私は業務時間のほとんどを開発に充ててきました。今思えば、開発に集中できるように上長が環境を整えてくれていたのだとわかります。

他部署からの相談や依頼、メンバーのアサインとフォロー、上長への報告や資料作りなどといった開発以外の業務が次から次へとやってきて、気付けば開発に集中できる環境が無くなっていました。

開発し、技術を磨き、与えられた仕事に対して結果を出すというのが仕事のサイクルだったのに、開発に充てる時間が大幅に減ってしまったことで、どう結果を出したら良いかわからなくなってしまったのです。

2. 先の見えないキャリアに対する不安

業務内容の変化に慣れてくると、今度はキャリアに対する不安が首をもたげてきました。

チームは業界でも珍しいCS部門専属の開発チームです。業務範囲はCSのための管理ツールの開発、問い合わせフォームの保守や不正対策など幅広く、やりがいがある一方で、将来的に需要があるのかという点が不透明でした。

社内の近しいCSの人たちには、いてくれて本当に助かると言ってもらえる反面、「需要がないから他社には部門がないのでは?」と思ったりもしました。

イベントに参加して他社の人々と交流したり、偉い人の話を聞いたりして、ようやく私自身でキャリアを切り拓いていかねばならないという事実に行き着きました。

この気付きが、次に挙げる「チームメンバーの将来を負う不安」へと発展していくことは、想像に難くないでしょう。

3. チームメンバーの将来を負う不安

キャリアを切り拓くというのは、究極形としてCS業界でかの有名な山田さんがメルカリの執行役員に就任されたり、はてなのセールスエンジニアだった a-know さんが、業務が多岐に渡るに連れ自身の取り組みと組織をCREという名称を使って再定義されたりといったように、こんな道があるんだよというのを身をもって示すことだと思っています。

私もチームメンバーに対して道を示さなければなりません。

今の職種で食べていけるのか、3年後や5年後どんな技術や経験が必要とされているのか、どんな経験をしていただくと良いのか、それに対して私ができることは何か、いつか答えに辿り着くと信じて今もなお悩み続けています。


楽しい内容ではなくなってしまいましたが、もちろんリーダーになって嬉しいこともあります。

チームやメンバーが褒められたり、メンバーの成長が見えると、嬉しいですしやりがいを感じます。

加えて、これだけ思いやりがあって優れたメンバーと仕事ができることは一生涯ないんじゃないかと思えるくらい、素晴らしいチームで過ごせている今は本当に幸せなことだと思っています。