アルパカログ

Webエンジニアでマネージャーな人がプログラミングやマネジメントの話題を中心に書いているブログです。

note

リモートワークでも雑談したい!試した2通りの方法のメリット・デメリット

リモートワークになってから、通勤のストレスから解放され、通勤に使っていた時間が自由に使えるようになりました。一方で、リモートワークで失われたものもあります。このエントリでは、リモートワークのチームで試してみた2通りの雑談方法を、それぞれのメ…

「あいつらは何もわかってない」の危うさ

「あいつらは何もわかってない」こんなセリフを、誰しも一度は言ったことがあるはずだ。でもこの考えは結構危険だ。何が危険なのか、書いてみたいと思う。

小さなチームのマネジメントと組織拡大。あるいは仕事の意義について

私がマネジメントする小さなチームは、これまで何度か組織拡大に向けて試行錯誤してきた。そんなマネージャーの立場から、ともすればチームが無機物になっていくようにも見える組織拡大について、最近考えていることを述べてみたい。

成長とは、主観というレンズを自ら壊すこと

人は誰しも、自身の価値観や過去の経験というレンズを通して物事を見ています。だから、例えば、コップ半分の水を見て「まだ半分ある」と思うか「もう半分しかない」と思うかは人それぞれです。人の成長とは、このレンズを壊してアップデートすることではな…

心理的安全性はやるべきことをやってから

心理的安全性という言葉が登場してから、この言葉は人や組織のマネジメントの文脈で頻繁に使われるようになった。当時、マネージャーになったばかりだった自分は、「マネジメントとは心理的安全性を高めることと見つけたり!」と思い込み、ひとり突っ走った…

「コーヒー。」と「コーヒーください。」この先生きのこるには

「コーヒー。」と「コーヒーください。」で値段の違うカフェがあります。ユニークでいいですよね、こういうの。でも考えてみたら、差額は何に対してでしょう?たぶん、これと同じことが仕事でも言えるんじゃないかと思って、そんな話をしてみたいと思います。

もう怒りで疲弊するのはやめよう。自分の感情と上手に付き合う方法

「どうしてこのくらいやってくれないんだ!」これは、こんな風に思ったことがある人に向けて書いた話です。最近ではリモートワークをきっかけに顔を合わせないコミュニケーションが増えて、ついイラッとしてしまうこともあると思います。3つの考え方、(1)期…

人を育てるとき、人を変えられると思わない

初めて新人や後輩の育成を任されたときのことを思い出してみてください。たぶん「立派に育てなくては…!」と気負ったと思います。私もそうです。今日は「気負わずいこうよ、人は変わりたいように変わるだけなんだから」という話をしたいと思います。