アルパカログ

Webエンジニア兼マネージャーがプログラミングやマネジメント、読んだ本のまとめを中心に書いてます。

第2回Customer Support Tech Meetup イベント開催のお知らせ

f:id:otoyo0122:20200725142018p:plain

前回 好評だった Customer Support Tech Meetup の第2回を開催します!

イベント概要は下記 connpass にありますので、興味のある方はぜひご参加ください!

mixi.connpass.com

以下、個人的に思う見所など。

見所1: CRE増えてきましたよ

CREという言葉は Google が提唱してからそろそろ4年が経とうとしています。

IT業界をウォッチしていると、CREというロールを置くことは珍しくなくなってきたように思います。

はてなさん、ミクシィを皮切りに、メルカリさん、Reproさん、Kyashさん、GMOペパボさん、Arm Treasure Dataさん、ランサーズさん、Classiさんなどなど(順不同)。

これだけ多くの企業がCREを設置するということは、以前から潜在的に需要があり、それがCREという言葉によって明らかになった。あるいは「顧客満足度」の向上こそが企業間競争に欠かせないものであるとの認識が高まってきたということかなと思います。

Google さんの先見の明、さすがですね。

今回のイベント「CS Tech Meetup」では、ミクシィCREが顧客満足度を向上するためにどんな取り組みをしているかをご紹介します。

発表内容は、前回にお話しした内容の経過報告もあれば、今回新たな発表もあります。

また、トレジャーデータさん(CRE募集中です!)、カラクリさんの2社からも顧客満足度向上のための取り組みの発表があります。

カスタマーサポート(CS)とCREを巻き込んで、よりこの業界を良くしていければと思っています!

見所2: 不正対策の話が聴ける

もうひとつ、今回の目玉となるのが「健全化(不正対策)」の発表があるということです。

CSにはユーザーサポートの他に、健全化という大きな柱があります。

しかし、健全化、中でも不正対策についてはあまり表立って語られることはありません。不正対策チームと不正ユーザーはお互いしのぎを削っているので、当然と言えば当然ですが...

不正対策はダークで泥くさい世界です。そんな不正対策の世界に興味のある方も、ぜひイベントに参加してくださいね!