アルパカログ

Webエンジニア兼マネージャーがプログラミングやマネジメント、読んだ本のまとめを中心に書いてます。

GitHub コードレビューでサジェスション機能を使って差分を提案しよう

f:id:otoyo0122:20201109133251p:plain:w300

GitHubを使ったチーム開発では、コードレビューの際に「ここはこう書いた方が良いと思います」といったコミュニケーションがよく発生します。

そんなときはGitHubの差分のサジェスション機能を使うと、そのままコミット可能な差分を作成できるので便利です。

f:id:otoyo0122:20201109133049p:plain:w400

このエントリでは、GitHubのサジェスション機能を簡単にご紹介します。

サジェスション機能の使い方

サジェスション機能の使い方は簡単で、コメント時に下記のようにブロックコード (```) に続けてsuggestionと書くだけです。

f:id:otoyo0122:20201109133036p:plain:w400

プレビューを見るとわかるように変更の差分がコメントできます。

f:id:otoyo0122:20201109133049p:plain:w400

PRのオーサーが変更を受け入れる場合はボタンでポチッとするだけでよく、変更を受け入れるとコミットのオーサーと変更を提案したユーザーとの共同コミットが作成されます。

「ここを修正してください」「わかりました。修正します」といったコミュニケーションや、その後ローカルで差分を作ってコミットしてpushしてまた確認してもらって…という手間が省けて良い感じです。

以上です。

このエントリでは、GitHubのサジェスション機能を簡単にご紹介しました。

サジェスション機能を使って普段のコミュニケーションを円滑にしましょう。