アルパカログ

プログラミングとマネジメントの話題がメインです。時々エモいのも書きます。

VLOOKUP関数でエラーを非表示にする方法(Excel/Googleスプレッドシート)

Googleスプレッドシートやエクセル(Excel)でVLOOKUP関数を使うことはよくあります。

しかしVLOOKUP関数では、検索キーが存在しないとき「#N/A」というエラーになってしまいます。

f:id:otoyo0122:20200729213437p:plain
検索キーが存在しないと#N/Aになってしまう

今回は「IFERROR関数」を使って「#N/A」エラーを非表示にする方法を説明します。

IFERROR関数はGoogleスプレッドシートでもエクセルでも使うことができますよ。

IFERROR関数の使い方

IFERROR関数は「もしも」を表すIFとERRORからできているように「もしもエラーならば○○する」を実現する関数です。

IFERROR関数は次のように2つの値を渡します。

IFERROR(式や値, エラー時の値)

式や値(第1引数)

エラーとなる可能性のある式や値です。

A1のようにセルを指定したり1/0のように式を渡したりできます。

今回はここにVLOOKUP関数を渡します。

エラー時の値

第1引数がエラーとなった場合に表示したい値を渡します。

今回は非表示にしたい(何も表示したくない)ので "" のように空文字を渡します。

"なし" のように日本語で指定することもできます。

それでは実際の式を見てみましょう。VLOOKUP関数をIFERROR関数で囲ってみます。

=IFERROR(VLOOKUP(...省略), "")

f:id:otoyo0122:20200729215221p:plain:w400
#N/Aが空文字になった

「#N/A」になっていたセルが空文字になり、他のセルはそのまま表示されました。

「IFERROR関数」を使うとエラーを非表示にできることがわかりましたが、エラーが表示されないことで「エラーに気付きにくくなる」ということがあるので注意してくださいね。

「VLOOKUP関数」について復習したいという人は下記の記事をご覧ください。

alpacat.hatenablog.com

参考になった方は、ぜひ「はてブ」やSNSでシェアしてくださいね。