アルパカログ

カスタマーサポート (CS) とエンジニアリングを掛け算したい CRE (Customer Reliability Engineer) が気になる技術や思ったことなど。

Bug Shooting Challenge に参加したみなさんへ

第1回 Bug Shooting Challenge に参加くださりありがとうございました。

後半戦はずっと集中していたのでかなり疲れたのではないでしょうか?

おつかれさまでした。

BSCのオフィシャルな開催レポートは後日掲載されると思うので、熱戦の様子などはそちらに任せるとして、私からはBSCの経験を今後のみなさんの就職活動に活かすために、こんなことを考えてみてはいかがでしょう?というのを少しだけ書いてみたいと思います。

課題解決の行動こそが真の成長である

BSCに参加して「自分にはこの知識が足りなかった」といった課題が少なからず見つかったのではと思います。

他にも「勝てなかった、悔しい」「勉強になって楽しかった」といった色々な感情があったとは思いますが、大事なのは発見した課題をそのままにせず解決のために行動することです。

これは学生のみなさんに限ったことではなく、社会人になってもずっと同じです。

「何を課題と考え、解決のためにどう行動したか」はどこの就職面接でも必ず聞かれるでしょう。

「課題はわかったけれど何をしたらいいかわからない」という場合は、OBの方に聞いてみたり、率直に人事の方に聞いてみるのも手です。

今回MVPを取ったチームの方にお話を聞くと、過去にISUCONなどのコンテストに参加したときの悔しい思いが、今回の結果につながったとおっしゃっていました。

今すごいと思える人も、これまで積み上げてきた課題解決の努力があったからこそなんだなと、改めて思わせてくれました。

ぜひみなさんも課題解決のために行動に移してくださいね。

SRE・CREといっても各社それぞれ

BSCに参加して、SREやCREに興味が湧いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

SREもCREも、最近は多くの会社で見られるようになってきました。

しかし、名前は同じでも業務内容は各社それぞれです。

ですので「SRE/CREになりたい」というだけでなく、「SRE/CREとして◯◯がやりたい」まで考えて、それができる会社かどうかを見極めるのをおすすめします。

ミクシィはというと、今回BSCで講師を務めた3名は新卒2年目で、みなさんに近い存在かと思います。インタビュー記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。


参加してくださった方、ぜひブログを書いてください。

問題については書けないので難しいと思いますが、「こんな課題を見つけた、次はこれをやってみる!」といったことでも良いでしょう。

みなさんが今回いろんな気付きがあったように、次回以降の参加者にとっても良い気付きが与えられるイベントにしていきたいと思っています。

そして良かったらミクシィの選考も考えていただければ幸いです。ありがとうございました。