アルパカログ

Webエンジニアでマネージャーな人がプログラミングやマネジメントの話題を中心に書いているブログです。

「あいつらは何もわかってない」の危うさ

f:id:otoyo0122:20200907082603j:plain:w600

「あいつらは何もわかってない」

こんなセリフを、誰しも一度は言ったことがあるはずだ。

「あいつら」には、営業や人事、開発みたいな他部署が入ったり、経営者やマネージャーといった別レイヤーが入ったりする。

私も例外ではない。そう思っていたし、実際に言ったこともある。声に出してみるとすっきりするんだぜ。

でもこの考えは結構危険だ。何が危険なのか、書いてみたいと思う。

自分はあいつらとは違う

自分はあいつらとは違う。

これは正しいかもしれないし、正しくないかもしれない。

私たちには、本能的に分断を見出してしまう性質がある。

ファクトフルネスから引用してみよう。

人は誰しも、さまざまな物事や人々を2つのグループに分けないと気がすまないものだ。そして、その2つのグループのあいだには、決して埋まることのない溝があるはずだと思い込む。

人種差別や民族紛争、ジェンダーの問題など、人類の歴史には分断と分断による争いが絶えない。

これらの問題を、自分とは関係のない、どこか遠い世界で起こっているものと思うだろうか?

自分はあいつらとは違う。些細だが、そう思うところから分断が始まると、私は思う。

そもそも、人事や営業のあいつら、経営者やマネージャーのあいつらは、戦うべき敵なのだろうか?

自分とあいつらは違う。その通りだ。だからこそ、共通の目的・目標を掲げているのではなかったか?

違いを責め、分断し争うのが目的ではないはずだ。

これはあいつらのせい

私たちの本能にはもうひとつ、分断を生み出す悪い性質がある。

「これはあいつらのせい」というやつだ。

再びファクトフルネスから引用する。

物事がうまくいかないと、誰かがわざと悪いことを仕組んだように思いがちだ。誰かの意思で物事は起きると信じたいものだし、一人ひとりに社会を動かす力と手立てがあると信じていれば、おのずとそう考えるようになるだろう。

何か都合の悪いことが起きたとき、やれ人事のせいだ、やれマネージャーのせいだと言うのは簡単だ。わかったような気になれるし、すっきりする。

しかしながら、都合の悪いことはいつだって誰かのせいで起こるわけじゃない。そんなのは正義のヒーローを信じる子供の考えだ。

大人は違う。

事情を知っていたら自分だってそうするかもしれない。人ひとりの意思で勝手にできるほど社会は単純じゃない。都合の悪いことがどうしようもない理由で、どうしようもないタイミングで起こることもある。自分はそれを見越して対策できなかったのか。

こんな風に考えるのが大人だろう。

私は、何かを誰かのせいにしたくなったときはいつも、この画像を思い出すようにしている。

f:id:otoyo0122:20200906134313j:plain:w600
誰かのせいにしたいが自分の顔しか思い浮かばない

以上、「あいつらは何もわかってない」という言葉が内包する危険性について書いてみた。

年齢を重ねるほど、自分が思ってる以上に周りの若い人に与える影響(良い影響も悪い影響も)が大きくなるので気を付けたい。という自戒だ。

ちなみに、紹介した2つの思い込みをファクトフルネスでは「分断本能」と「犯人捜し本能」と呼んでいる。

ファクトフルネスについては以前まとめ記事を書いたので、興味がある人は読んでみてほしい。

alpacat.hatenablog.com

--

この記事はnoteに投稿したものと同じ記事です。

よろしければnoteの方でもフォローいただければ幸いです。

note.com